明石魚住こども英会話「チャンツ♪で覚える日常動作」

2017-01-31

For January

チャンツのリズムで動作の表現を

フレーズのまま覚えます

♪Comb your hair (髪をとく)

♪Count your fingers (指で数える)

♪Stomp your feet (足踏みをする)

♪Nod your head (うなずく)etc.・・ ・

シンプルな動作と英語リズムのくり返しが

子どもたちの視覚,聴覚を刺激します。

                 

幼児までは話し出すのを待つアプローチ

幼児クラスは去年の終わりごろから急に

英語をスッと口に出すようになりました。

小さいほどベビーの言語習得に似てます。

最初は口に出さずにお口の中で

もぐもぐ言っていたのが減ってきてすぐに

答えたり自然に言うようになりました。

”湧水が流れ出る”そんな表現がピッタリ

なんです。

「最近急に英語を言っています」

とお母様も気付いていらっしゃました。

 

■英語を考えて使うことが大切

Hurry!(急いで)の歌にあわせボールを

Passしながらできる動作をいれます。

I can clap.(手をたたく)

I can stomp.(足踏みする)

What can you do?(何ができる?)と

小学生にきくと今まで聞いたフレーズで

Jump high?(高くとぶ?)などと提案。

失敗してballがそれると楽しくあやまって

“Oops! I’m sorry.””That’s OK.”

やりとり。考えて勇気を出して言う &

ほめられて自信がつく。英語って楽しいね!

 

This is me! 「体の名称+はたらき」

 

幼児クラスはeyes, ears, belly, kneesなど

体の部分の名前を覚えることが中心ですが

小学生はそのはたらきをくわえてけっこう

長いフレーズを言わせています。

まだ完璧はもとめません。くり返しながら

覚えてもらうことが基本だからです。

 These are my ears. I can listen.

耳なら「聞く」の動詞が加わります。

ルーレットやface puzzleなどを使い

スピーキング練習を促します。

             

幼児たちはお医者さんのdoctor check

が始まると目がきらきら~★

Check his ears.(耳を見てあげましょう)

どうしてもくまさんを病気にしたいようで

No problem.とは言わずWrong.とかたくなに

押し通していました。結局haa  hoo haa hoo

といいながらお医者へ連れて行く

はこびとなりました。

                 

今月の絵本 Story Time

「Little Cloud (小さな雲)」by Eric Carle

はぐれた小さな雲さんが色んな形にかわる

ときみんなでchanged into~といいながら

次のページにすすみたがっています。